2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月 

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【EDIT】  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

寝相

2007.03.16 (Fri)
家に帰ったらクッキーとお手紙がテーブルの上に。
お手紙には
「値段は半分、愛情は2倍のホワイトデーです  
                  タロ
     OさんとKさんと飲みに行ってきます
と。

コンビニで買ったと思われる
ホテルオークラのクッキー、美味しかったです。


さてさて本題。どうやらとり子は寝相が悪いようです

小学校の修学旅行。
二日目の朝、友達から「とり子ちゃんの頭がお腹の上にあった」('◇')
と言われました。
当時は「何を冗談を言っているのだろう(?_?)」と思っていました。

中学校の修学旅行。
端に寝ていた私はどうやら押し入れをバンバン叩いていたそうです。

小学校時代に戻ります。
一時期、ベッドと勉強机の間にタンスを置いて部屋を仕切っていた
ことがありました。ダブルベッドに妹と寝ていたのですが、
夜中に何度かタンスが机に向かって倒れることがあり、
その配置は長続きしませんでした。
理由は、「危ないから」ではなく「うるさくて、睡眠の邪魔だから」
倒れるときは何となく、脚に負荷がかかっていた記憶があります。

それから、姉がベッド、私が布団で寝るときはベッドの土台とマットレスの間に脚を突っ込んで寝るのが好きでした。部屋の柱に片脚をかけて
寝るのも好きでした。

そして、最近・・・・
ここのところ居間でホッカ(ホットカーペット)寝をすることが
増えています。疲れているせいでしょう。

ある日、ふと夜中に目覚めると脚がコタツの上に乗っていました。
〇_| ̄
数日後、またホッカ寝をしてしまったのですが、その後
タロさん曰く「のけぞって脚をコタツに上げていた」そうです。

ま、きっと、体が「疲れを取るには脚を高くして血行をよくしろ」
ということを知っているのでしょう。

とりあえず、今のところタロさんに危害は加えていないので大丈夫






スポンサーサイト
【EDIT】  21:04 |  日記  | TB(0) | CM5  | Top↑
コメント
■こんにちわ
リンクありがとうございます
今頃気づきました
申し訳ないです

ぴょこ②もとり子さんブログをリンクさせてください
(不都合があれば教えてくださいね)

タロさんのメッセージ、愛情とユーモアが入っていて心にきますねぇ
結婚3年ラブラブですなぁ…


それにしても寝相のお話かなり笑っちゃいました
すごく器用なのか寝相悪すぎるのか
でもあたしもそうなので妙な親近感を覚えました


またきます♪
ぴょこ② |  2007.03.17(土) 01:14 | URL |  【編集】
■足癖
私は車の助手席に乗ると、前のダッシュボードに足を乗せたく成ります。
運転していてもたまに片足乗せてます。
最近の車はウォクスルーで乗せにくいですが!

小学校の時遠足でバスに乗ったところ、通路にある助手席に足を乗せていたところ、遠足から帰った後日、壇上の上で椅子を並べて実演され、しこたま恥をかかされました。

今私の子供らは助手席に乗ると必ずダッシュボードに足を乗せています。
また先生に怒られやしないかとヒヤヒヤしてます。。

寝相と関係ないかなぁ?
四十男 |  2007.03.17(土) 10:14 | URL |  【編集】
あはは^^ こたつの上に何も無かったのが幸いですね^^
ホットカーペットが暑くて脚をあげたか、疲れてるからということにしましょう♪

とり子さんは脚力が強いっと。“φ( ̄ ̄*) メモメモ
ほくと |  2007.03.17(土) 19:17 | URL |  【編集】
■管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2007.03.19(月) 12:20 |  |  【編集】
>四十男さん
そうとうな足癖遺伝子をお持ちですね^^
私は助手席に乗ると体育座りをしたくなります。

>ほくとさん
脚力、強いですよ(^^)V
母親に会う度に「立派な脚だ」と
言われます。
とり子 |  2007.03.28(水) 00:24 | URL |  【編集】
コメントを投稿する
Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。