2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月 

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【EDIT】  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

タロさんのタバコ

2008.06.19 (Thu)
入院中、色んな事を考えました。ほとんどが昔の喧嘩。
タロさんは入院中毎日面会に来てくれて、ときどきすごく嬉しくなる言葉や態度を
与えてくれて、それが幸せでした。
一年前の私が入院していたら、毎日タロさんの浮気を疑っていたと思う。

でも、今は疑っていない。疑う気持ちにならない自分が不安になった。
幸せに感じてていいの?私はよくてもタロさんはどうなの?
「子供が生まれるのが楽しみ」って言ってくれてるのは本音?
お腹が大きくなっていく私を女として見られなくなっていくんじゃないの?
「タロさんが私をストレスに感じるときは、裏で何かしちゃう」
そんな不安が出てきた。

不安を引っぱると、よくないことになる。と思ったから、その気持ちをタロさんにメールした。
翌日、別件で緊急に電話する用事があって、電話ボックスから電話をかけた。
タロさん、メールの返信を打っているところだったらしい。
「お互いに全くストレスを感じずにいくのは難しいと思う。
今でも、過去のことが引っかかっていないわけではない。
でも、今まで乗り越えてきてるから、お互いのこと考えて我慢するのは
しかたないって思う」
って。言われた。

その場を取り繕う言葉じゃなくて、正直な言葉だと思った。
昔だったら、私の不安に対して「俺が我慢すればいいんだろう」とか
「干渉されたくない」「じゃあ、どうしろっていうんだよ」
っていう言葉が返ってきていた。
だから、決して安心できる内容ではないけど、納得できた。


でもね・・・
退院してから最初の週末、タロさんがソワソワしていた。
そして彼の口から出たのは「また吸っちゃった・・・」の言葉。
・・・・・・
なんて言っていいのかわからなかった。けど、怒れなかった。
ショックっていうんでもなかった。あえて言うなら「残念」かな。

理由を聞いたら、「とり子がいないから、っていうのもあった」って。
とり子の入院のストレスよりも、いないからいいや、っていうのは、う~ん・・・って
思うけど、
タロさんが自分に都合の悪いことを自分から告白したことは初めてだったから
変な話、嬉しかった。

すぐにやめる気がないのか??って思う気持ちもあるし、また量が増えたら
やめにくくなると思うから、すぐにでもまたやめて欲しいけど、
吸いすぎないことと、リミットを決めることだけ伝えた。

このあと どうなっていくんだろ・・・






スポンサーサイト
【EDIT】  20:12 |  日記  | TB(0) | CM0  | Top↑
コメント
コメントを投稿する
Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。